• 印刷する

【19年の10大ニュース】米中貿易摩擦で経済停滞

2019年はシンガポール経済に逆風が吹いた1年だった。米中貿易摩擦の長期化や世界的な半導体の需要減速が響き、経済成長率は四半期ベースで10年ぶりの低水準にとどまった。輸出額も11月までに9カ月連続のマイナス成長と低迷した。

消費者物価指数(CPI)の伸びも鈍化した。11月にはコアインフレ率(運輸や住宅など、政府の政策の影響を受けやすい項目を除外したインフレ率)が0.6%となり、2カ月連続で約3年半ぶりの低水準を付けた。

景気低迷を受け、シンガポール金融管理庁(MAS、中央銀行に相当)は10月に金融緩和を実施すると発表。約3年半ぶりに通貨をシンガポールドル安に誘導して景気を刺激する政策に踏み切った。

足元では国内総生産(GDP)が7~9月期に上向き基調になり、輸出もマイナス幅が縮小してきた。ただ9月時点の失業率は10年ぶりの高水準となっている。国内経済を巡る先行き不透明感は続きそうだ。

2019年は米中貿易摩擦の激化や世界的な半導体の需要減速が響き、シンガポール経済に逆風が吹いた1年だった=シンガポール中心部(NNA撮影)

2019年は米中貿易摩擦の激化や世界的な半導体の需要減速が響き、シンガポール経済に逆風が吹いた1年だった=シンガポール中心部(NNA撮影)

【第1位】経済成長率10年ぶり低水準、製造業不振

【第2位】定年・再雇用年齢引き上げ、高齢化に備え

【第3位】個人情報の保護強化、罰則が過去最高水準

【第4位】地場企業のM&A活況、過去最高水準

【第5位】スタートアップ投資拡大、新ユニコーンも

【第6位】統合リゾート2カ所、90億Sドルで拡張へ

【第7位】次世代移動手段の実験進む、空飛ぶ車も

【第8位】空港隣接の商業施設開業、半年で目標達成

【第9位】外国人ビザ厳格化、ワクチン接種・Sパス

【第10位】財務相が副首相に昇格、総選挙見据え

【番外編】電動キックスケーター、実質全面禁止に

【ASEAN第1位】経済成長率鈍化、主要6カ国

【ASEAN第2位】四輪販売停滞、最大市場不振


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:気が付けば10月を迎え…(10/01)

コロナ後も柔軟な勤務体制 地場企業6割、在宅環境整備進む(10/01)

「仕事の未来」地域センター、国内に開設(10/01)

複合ケッペル、最大50億ドルの資産売却へ(10/01)

8月の銀行貸出残高、3カ月連続マイナス(10/01)

19年の運用資産額16%増、株式市場好調で(10/01)

UOB銀、法人向けデジタルバンキング刷新(10/01)

フレイザーズ、在宅推進も巨大オフィス開発(10/01)

シティ、富裕層向けサービス拠点を開設(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン