• 印刷する

テイクオフ:シンガポールで生活して…

シンガポールで生活していると、大きな物音が周辺一帯に響き渡ることがよく起こる。公営住宅の公共広場で、住民による各種催し物が行われるためだ。

頻度が最も多いのは中華系住民の葬儀。数日かけて、夜中までマージャンや酒盛りととにかくにぎやか。最後は太鼓を打ち鳴らし、盛大に盛り上げて送り出す。休日の朝に太鼓の音で目を覚ますことがあるくらいだ。

先の土曜は、何十台ともおぼしきバイクが一斉にエンジンを吹かせ爆音を鳴らすのに遭遇した。そういえば2日ほど前からマレー系の結婚式の準備が進められていた。マレー系はライダーが多いためか、会場周辺には大量のバイクが横付けされていた。エンジン音が祝砲替わりらしい。

自宅で大音量のボリウッド音楽を流すインド系はどのようなイベントを行うのだろうか。次は彼らのライフイベントを見てみたい。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

持続可能金融での調達3倍へ 地場不動産大手、向こう10年で(10/02)

セブン銀行、DBS銀行と海外送金で提携(10/02)

金融庁、ワイヤーカード現法に業務停止命令(10/02)

石川県がアンテナショップ、EC販売も(10/02)

1人当たり純金融資産は世界35位、19年調査(10/02)

コロナ暫定措置法改正、家賃免除など支援強化(10/02)

就職先でのキャリア形成に期待、転職者の4割(10/02)

入国規制、オーストラリア・ベトナムも解除(10/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン