1~9月のFDI認可額3倍 特区向けは3割減、税制改革懸念

フィリピン統計庁(PSA)によると、2019年1~9月の海外直接投資(FDI)認可額は前年同期比3.2倍の2,779億9,610万ペソ(約5,940億円)だった。1996年の統計開始以降、1~9月としては最も多かった。ただ、このうち日系企業など外資の入居が多い経済特区を管轄するフィリピ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タール火山の噴火は、交…(01/20)

噴火被害で税優遇延長へ 経済区庁、企業への支援手厚く(01/20)

東南アジアの訪日客、8年連続過去最高(01/20)

噴火から1週間、警戒維持も噴煙弱まる(01/20)

タール火山噴火、被災者支援が活発に(01/20)

経済区庁の投資認可額、19年は16.2%減(01/20)

投資委の19年認可額、1.1兆ペソと過去最高(01/20)

ペトロン、債務返済などに127億ペソ支出(01/20)

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(01/20)

浅川前財務官が総裁就任、アジア開銀(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン