1~9月のFDI認可額3倍 特区向けは3割減、税制改革懸念

フィリピン統計庁(PSA)によると、2019年1~9月の海外直接投資(FDI)認可額は前年同期比3.2倍の2,779億9,610万ペソ(約5,940億円)だった。1996年の統計開始以降、1~9月としては最も多かった。ただ、このうち日系企業など外資の入居が多い経済特区を管轄するフィリピ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本では女子中高生など…(08/05)

産業向け不動産、市況堅調に 首都圏南方、外出制限が追い風(08/05)

コロナ感染新たに6352人、計11万2593人(08/05)

地場航空3社、マニラ発着の国内線運休(08/05)

労働者への補償要求、外出制限強化で(08/05)

国家警察、首都圏などで検問所再設置(08/05)

セブ港に新国際コンテナ港、21年着工へ(08/05)

会社登記6万件超、外出制限の開始後(08/05)

政府系サイトに求人2万件、コロナでも(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン