• 印刷する

国内初、首都港のコンテナ取扱1千万個突破

マレーシアの首都クアラルンプール近郊のスランゴール州クラン西港を運営するウエストポーツ・ホールディングスは、今年のコンテナ取扱量が5日に1,000万TEU(20フィートコンテナ換算)を突破したと発表した。国内のコンテナ・ターミナルが単体で年間1,000万TEUを取り扱うのは初という。

同社がマレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)に開示した声明によると、1~11月の取扱量は989万TEUで、前年同期比14%増だった。1996年の開業以来の23年間では、累計1億1,200万TEUを超えた。

クラン港は北港と西港で構成され、マレーシア国内のコンテナ貨物全体の半数を取り扱っている。クラン港湾庁(PKA)によると、クラン港の今年通年の取扱量は1,325万TEUとなる見込みで、取扱量の世界順位は前年と同じと予想される。

世界海運評議会(WSC)によると、クラン港の昨年の取扱量は1,232万TEUで、世界12位だった。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「鼻水出てますね」。最…(05/12)

ソフトバンク、アジア強化へ 同業アクシアタのAI部門と提携(05/12)

1QのGDPは0.5%減 内需改善と輸出拡大で下げ幅縮小(05/12)

パナが国内テレビ生産終了、海外に集約(05/12)

RM1=26.4円、$1=4.12RM(11日)(05/12)

シンガポールとの出張者入国特例を一時停止(05/12)

新規感染3973人、ス州1.3千人(05/12)

マレーシアとの往来特例、申請受付を開始(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン