• 印刷する

国内初、首都港のコンテナ取扱1千万個突破

マレーシアの首都クアラルンプール近郊のスランゴール州クラン西港を運営するウエストポーツ・ホールディングスは、今年のコンテナ取扱量が5日に1,000万TEU(20フィートコンテナ換算)を突破したと発表した。国内のコンテナ・ターミナルが単体で年間1,000万TEUを取り扱うのは初という。

同社がマレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)に開示した声明によると、1~11月の取扱量は989万TEUで、前年同期比14%増だった。1996年の開業以来の23年間では、累計1億1,200万TEUを超えた。

クラン港は北港と西港で構成され、マレーシア国内のコンテナ貨物全体の半数を取り扱っている。クラン港湾庁(PKA)によると、クラン港の今年通年の取扱量は1,325万TEUとなる見込みで、取扱量の世界順位は前年と同じと予想される。

世界海運評議会(WSC)によると、クラン港の昨年の取扱量は1,232万TEUで、世界12位だった。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

役所は現金決済も取り扱うべき、消費者連盟(01/17)

ペステック、カンボジア太陽光事業を買収へ(01/17)

セルコム、5Gに向け設備投資拡大(01/17)

パーム油の輸入制限で波紋 リスク懸念でマレーシア産回避(01/17)

観光年に官民協力相次ぐ 通信や医療など成長底上げへ(01/17)

仮想通貨による資金調達指針、証券委が発表(01/17)

電子財布の政府支給、申請殺到でシステム障害(01/17)

RM1=27.1円、$1=4.06RM(16日)(01/17)

最低賃金手取額の上昇率、54カ国中で20位(01/17)

エンジ協会、プロジェクト管理セミナー開催(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン