• 印刷する

【19年の10大ニュース】こじれる日韓関係、経済にも痛打

2019年は、日韓関係の悪化が最後まで尾を引いた1年だった。日本が7月に実施した半導体3品目の輸出管理の強化に韓国が猛反発。対抗措置の応酬で日韓対立が深刻化し、外交・経済・安保のあらゆる分野に悪影響を及ぼした。民間レベルでも「日本製品不買運動」や「ボイコットジャパン運動」が長期化し、日系の消費財や自動車業界などが軒並み不振を極めた。ボイコットは結果として韓国の格安航空会社(LCC)業界に打撃を与えるなど、両刃の剣となって両国企業を苦しめる結果となった。

韓国経済はけん引役の輸出が大きく落ち込み、投資や消費も冷え込んだままだ。韓国政府は財政出動や利下げで景気浮揚を試みるものの、主なマクロ指標は軒並み悪化している。文在寅(ムン・ジェイン)政権は東南アジア諸国連合(ASEAN)やインドとの関係を強化する「新南方政策」を鮮明にし、活路を見いだす構えだ。

日韓対立の行方に注目が集まるが、輸出管理を巡る対立や元徴用工問題、安保問題など、山積する課題解決の糸口はまだ見えていない。

光化門広場を埋め尽くす「NO安倍」のプラカード。韓国向け輸出管理を厳格化した安倍政権を批判する大規模な抗議集会が開かれるなど、韓国人の対日感情は急激に悪化した。2020年も日韓関係の先行きは見通せない=韓国・ソウル(NNA撮影)

光化門広場を埋め尽くす「NO安倍」のプラカード。韓国向け輸出管理を厳格化した安倍政権を批判する大規模な抗議集会が開かれるなど、韓国人の対日感情は急激に悪化した。2020年も日韓関係の先行きは見通せない=韓国・ソウル(NNA撮影)

【第1位】輸出管理で日韓応酬、国際分業に亀裂

【第2位】韓国経済、低成長が「新常態」に

【第3位】サムスン不振、トップに実刑の恐れも

【第4位】ボイコット日本が猛威、流通・観光に大打撃

【第5位】外資系自動車3社の苦境鮮明に

【第6位】5Gサービス、世界に先駆け商用化

【第7位】航空に乱気流、日韓摩擦で旅客急減

【第8位】ネイバーがSBとタッグ、世界大手に挑戦へ

【第9位】GSOMIA迷走、揺らぐ日韓安保

【第10位】「新南方政策」推進、ベトナム偏重が課題

【番外編】「タマネギ男」の法相任命強行で物議


関連国・地域: 韓国インド日本ASEAN
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

コンビニが低価格商品を強化 超高物価に対応、PB導入も加速(08/19)

新規感染者17.9万人、死者61人増(08/19)

米国のEV優遇策、韓国車は対象外に(08/19)

7月電動車販売、前年比8倍の1030台(08/19)

現代自の国内工場、上半期は稼働率100%超(08/19)

大同モビリティー、カカオ傘下と提携(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン