発電所建設汚職で現代建設の重役取り調べ

インドネシアの汚職撲滅委員会(KPK)は5日、発電所建設運営会社の設立許可をめぐり西ジャワ州チルボン県の知事らに賄賂を渡したとして贈賄事件の容疑者に認定していた韓国・現代建設のゼネラルマネジャーに出頭を求め、本格的な取り調べを始めた。国営アンタラ通信が5日伝え…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 電機社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:社内で風邪がはやってい…(01/21)

テイクオフ:空の玄関口として拡張が…(01/21)

【識者の見方】新車販売頼みからの脱却が鍵 東南アジア、移動手段多様化で(01/21)

下げ止まらない訪問外国人数 ジャカルタ、新しい観光戦略急務(01/21)

1~11月外国人訪問者数、リアウ諸島が2位(01/21)

起亜がSUVを投入、目標販売台数は4桁(01/21)

NEDOの3案件、JCMのクレジット発行(01/21)

マイクロソフト、データ施設に10億ドルか(01/21)

過積載トラック禁止、鉄鋼など5品目は延期(01/21)

首都とジャワ島西端、鉄道で2時間に(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン