ガス火発、政府が新たな救済策を策定

インド政府が、ガス火力発電所の新たな救済策の策定を進めている。エコノミック・タイムズ(電子版)が5日に伝えた。 国内のガス火力発電所の総出力は24ギガワット(GW、1GW=100万キロワット)余り。整備には1兆ルピー(約1兆5,000億円)超が投じられた。中央電力庁(C…

関連国・地域: インド
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

印M&M、双竜自の持ち株比率引き下げか(08/12)

石炭貨物オーリゾン「本年度は石炭需要減」(08/12)

テイクオフ:新型コロナ対策の全土封…(08/11)

北部3州で感染ゼロから拡大 1人から45人、今後も増加か(08/11)

政府が農業支援を強化 1兆ルピー基金でインフラ構築へ(08/11)

自動車小売り販売、7月は36%減(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン