ガス火発、政府が新たな救済策を策定

インド政府が、ガス火力発電所の新たな救済策の策定を進めている。エコノミック・タイムズ(電子版)が5日に伝えた。 国内のガス火力発電所の総出力は24ギガワット(GW、1GW=100万キロワット)余り。整備には1兆ルピー(約1兆5,000億円)超が投じられた。中央電力庁(C…

関連国・地域: インド
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本の技術で食農環境を改善 日印協業、農水省がセミナー(01/24)

食品加工業省、カシミールの投資を促進(01/24)

タタ傘下JLR、英国工場で500人削減(01/24)

印企業の海外での単独上場認可へ=情報筋(01/24)

デリーに健康複合施設の計画、200億ルピーで(01/24)

ガス公社、5年間で4500億ルピー投資(01/24)

アダニ、都市ガス整備に10年で900億ルピー(01/24)

テマセクなど2社、再エネ特化の新会社設立(01/24)

スターライト、送電最適化で米社と独占契約(01/24)

インド大使、カラダン輸送路の重要性を強調(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン