• 印刷する

地下鉄利用した宅配サービス、ソウルで推進

ソウル交通公社は4日、地下鉄の基盤施設を活用して荷物を配送・保管する「ソウル型都心物流体系」を構築すると発表した。駅や車両基地、貨物車両を利用して地下鉄での宅配を行う。

地下鉄の駅で利用者が発送した荷物を貨物専用車両で車両基地まで配送。その後宅配会社が荷物を最終目的地まで配達するという流れだ。今後、車両基地に共同物流ターミナルを設置する方針だ。

同公社はまた、11月から地下鉄2号線弘大入口駅にスーツケースなどの保管所の運営を開始した。12月中旬をめどに荷物をホテルや空港に配送するサービスも開始する計画だ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:大学の卒業論文で、日本…(04/01)

新型コロナで相次ぐ納品遅延 損失1800億円、半導体にも打撃(04/01)

米英中韓など渡航中止勧告、外務省49カ国・地域(04/01)

日本の渡航禁止勧告「遺憾」、韓国外務省(04/01)

2月の外国人宿泊40%減、落ち込み震災以来(04/01)

新型コロナ感染者9786人、前日比125人増加(04/01)

現代自、シンガポールに新技術ラボ設立(04/01)

韓国ポスコ、鉄スクラップの越合弁を清算(04/01)

ポスコケミカル、EV電池部材工場を新設(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン