下院議長、総選挙前に改憲案を採決する方針

ミャンマー連邦議会のクン・ミャット下院議長は、2020年11月にも予定される総選挙前に憲法改正草案の策定と審議を終え、採決を行う方針を明らかにした。国軍や野党の一部が、今議会の任期中に改憲手続きを完了できるかどうか、疑念を表明していることに答えた。電子メディアのイラ…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

習主席、今後3年で637億円の資金援助約束(14:41)

11月物価上昇、8.3%に鈍化 4カ月連続で減速もなお高水準(01/22)

新駐日ミャンマー大使、東京で投資呼び掛け(01/22)

経済援助の窓口機関トップ、現職が続投(01/22)

縫製業者協会、賃金改定へ独自調査を実施(01/22)

廃棄物のエネルギー転換事業案、国会審議へ(01/22)

中部のLNG発電、中国企業と推進で合意(01/22)

共同声明「一つの中国」支持に台湾反発(01/22)

マンダレーの川岸浸食防止工事、月内に開始(01/22)

ムセ国境貿易、春節前で果物取引が急増(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン