大地に根差して貢献自負、「怖さ感じない」

【共同通信元カブール支局長 遠藤幹宜】「武装勢力の怖さを感じたことはない。米軍とは距離を置いているから」。アフガニスタンで人道支援活動を長年続け、4日銃弾に倒れた福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師、中村哲さん(73)。口癖のようにそう繰…

関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

印M&M、双竜自の持ち株比率引き下げか(08/12)

石炭貨物オーリゾン「本年度は石炭需要減」(08/12)

テイクオフ:新型コロナ対策の全土封…(08/11)

北部3州で感染ゼロから拡大 1人から45人、今後も増加か(08/11)

政府が農業支援を強化 1兆ルピー基金でインフラ構築へ(08/11)

自動車小売り販売、7月は36%減(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン