4日指数は小反落、海外株安を嫌気

4日の台湾株式市場で、加権指数は小幅に反落した。終値は前日比21.11ポイント(0.18%)下落し11,510.47ポイント、売買代金は1,041億9,500万台湾元(約3,710億円)だった。 台湾集中市場は、海外株安を嫌気した持ち高整理の売り注文が先行。加権指数は、午前中に11,457ポイントま…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

台新金、プルデンシャルの生保資産買収(12:00)

テイクオフ:姿勢の悪さからか、万年…(08/12)

ATMの利用習慣に変化 コロナで、振り込み需要が拡大(08/12)

フードデリバリーの利用、上期に5割超え(08/12)

首都で新たなコンド事業始動、総戸数1190戸(08/12)

PC2社の7月売上高、強い伸び継続(08/12)

興勤電子、高雄楠梓加工区で新工場着工(08/12)

工研院、韓国富川市と環境IoTで提携(08/12)

納智捷汽車への増資決定、60億元注入(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン