続落、貿易摩擦長期化に懸念=香港株式

4日の香港株式市場は続落して終了した。貿易摩擦長期化を示唆する米大統領発言を受けてハンセン指数は下げて始まり、節目の26000近くを終日推移した。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 ハンセン指数の終値は前日比328.74ポイント(1.25%)安の26062.56。 …

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

HSBC、中間期は77%減益 香港も2割減、信用損失急増(08/04)

スタンチャート、香港事業上期は2割減益(08/04)

新たに80人の感染確認、13日ぶり100人未満(08/04)

香港版火神山医院、空港隣接用地に建設か(08/04)

全市民対象のPCR検査「難度高い」、識者(08/04)

香港進出企業、半数が「国安法で悪影響」(08/04)

集合制限令など感染防止策、11日まで延長(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン