• 印刷する

ポーサット州上水道拡張、日本が24億円支援

日本の外務省は4日、カンボジア西部ポーサット州の上水道拡張に向けた無償資金協力を実施すると発表した。供与額は24億500万円。三上正裕駐カンボジア大使が同日、首都プノンペンでプラク・ソコン外相と交換公文に署名した。

地方でも特に給水普及率が低いポーサット市で、取水施設の建設や配水管網の敷設を行う。これにより、対象地域の住民約10万人が安全な水へアクセスできるようになり、国民の生活の質向上が期待できるという。

日本政府は10月、プノンペンでの下水道整備事業の支援も発表。無償資金協力で、供与額は27億7,700万円。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

非常事態宣言、発令向け法整備進める(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

感染者109人に、マスク520万枚配布(04/01)

首相の内閣改造計画、下院が承認(04/01)

金融業界に6億米ドル拠出、低利融資を支援(04/01)

ダナン市、隣国との越境輸送許可を一時停止(04/01)

カンボジア事業強化、政府系2銀行が増資(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン