免税店売上高が20兆W超、外国人客の増加で

韓国免税店協会によると、2019年1~10月の韓国の免税店の売上高は20兆2,851億ウォン(約1兆8,400億円)と、初めて20兆ウォンを超えた。 外国人観光客の増加が背景だが、特に中国からの報奨旅行など団体客が再び伸びていることが大きい。また、外国人客の国籍の多様化も売上高増…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り観光


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:映画館に子どもの泣き声…(12/16)

半導体大手が中国事業を拡大 サムスン、80億米ドルの追加投資(12/16)

グラブ、現代自と提携で来年からEV配車(12/16)

独系出前アプリが韓国1位買収、アジア攻略(12/16)

サムスン電機、高密度回路基板から撤退へ(12/16)

就業者数、高齢者は増加も30~40代は減少(12/16)

サムスン、低価格エアコン市場に再参入(12/16)

11月輸入物価指数、前年同月比で2.1%下落(12/16)

地場企業、サムスンとスマート住宅で提携(12/16)

アシアナ売却、錦湖とHDCが事実上妥結(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン