豪州の時間当たり生産性、8年ぶりの減少

2018/19年度のオーストラリアの1時間当たりの全要素生産性(MFP)が、前年度比0.4%減と8年ぶりの減少となったことが、豪政府統計局(ABS)の調べで分かった。また、産業別では、農業・林業・水産業が9.8%減となったほか、建設部門も4%減少した。 農業・林業・水産業…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

豪住宅価格2カ月連続下落、今後も需要減か(18:36)

豪6月製造業PMI、50超えで拡大基調へ(18:36)

豪国税局サイト、新年度初日にシステム障害(18:36)

テイクオフ:オーストラリアの学校は…(07/02)

富士通、豪国防IT事業を受注 2年で総額2100万$(07/02)

日立、豪データ企キューブドと戦略的提携(07/02)

〔政治スポットライト〕豪州政府、2700億$拠出で軍事力を拡張(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン