• 印刷する

原田工業、越で車載アンテナ部品生産を拡大

車載用アンテナメーカーの原田工業(東京都品川区)は3日、ベトナム南部ドンナイ省の製造拠点ハラダ・インダストリーズ・ベトナムのアンテナ部品生産能力を現在から最大60%拡大させると発表した。第3工場を来年1月から本格稼働し、ベトナム国内や東南アジア各国での需要増に対応する。

投資額は明らかにしていない。既存の第1工場と第2工場を含め、拠点全体の生産性を高める。生産増にともない、ベトナム拠点の従業員数も現在の1,400人から約5年かけて40%増の約2,000人まで拡大する。

増強により、ハラダ・インダストリーズ・ベトナムは原田工業グループ最大の生産拠点になる。同社はベトナムのほか、日本や中国、フィリピン、メキシコに生産拠点を置いている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車電機

その他記事

すべての文頭を開く

長谷工、地場同業を持ち分化 「品質に焦点」ベトナム事業加速(07/13)

1~6月の自動車販売、30.6%減の10.7万台(07/13)

2Qの二輪車販売、31%減の52万台(07/13)

ディエンビエン空港拡張再考を=スーパー委(07/13)

ニッコンHD、北部ハナム省の新倉庫完成(07/13)

不動産分野の法律手続きに矛盾=VCCI(07/13)

屋根置き太陽光発電、上期に8割増(07/13)

リコジ16の太陽光発電、ニントゥアンで稼働(07/13)

サムスン、金型専門家200人育成で協力(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン