米中摩擦緩和で台湾元高も、富邦金

台湾金融持ち株大手の富邦金融控股の羅イ(イ=王へんに韋)チーフエコノミストは2日、米中貿易摩擦が緩和した場合、台湾元の対米ドルレートが来年、1米ドル=29.9台湾元(約107円)まで上昇する可能性を示した。3日付経済日報が伝えた。 3種類のシナリオに分けて算出した台湾…

関連国・地域: 中国台湾米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの特別予算、1600億元に増額(14:11)

新型コロナの感染者、329人に(15:56)

テイクオフ:台湾では現在、隔離対象…(04/01)

台北繁華街の空室率が上昇 新型コロナで、賃料は4割下落も(04/01)

鴻海の19年純益11%減、6年来の低水準(04/01)

国巨、MLCCの生産が受注の半分以下に(04/01)

仁宝、20年PC出荷量は横ばい維持へ(04/01)

日月光が資金調達計画、277億元超か(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン