• 印刷する

東風小康汽車、来年EV含む4モデルを発売

東風小康汽車は、7月に開催された自動車展示会GIIASでEV「グローリーE3」を披露した(NNA撮影)

東風小康汽車は、7月に開催された自動車展示会GIIASでEV「グローリーE3」を披露した(NNA撮影)

中国の自動車メーカー、東風小康汽車(DFSK)のインドネシア合弁会社ソコニンド・オートモービルは来年、電気自動車(EV)など乗用車と商用車の計4モデルを新たに発売する。3日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

ソコニンドのアレックス取締役(販売・マーケティング担当)は「4モデルには、EVもディーゼル車も含まれる。商用車は、運輸と観光分野をターゲットにしたモデルだ」と述べた。発売時期は改めて発表する。

DFSKは、首都郊外で7月に開催された自動車展示会「ガイキンド・インドネシア国際オートショー(GIIAS)」で、スポーツタイプ多目的車(SUV)「グローリー」に音声コマンド機能などを搭載した「グローリーiオート」と、EV「グローリーE3」を披露した。

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)の統計によると、DFSKの1~10月の新車販売台数(ディーラーへの出荷台数)は前年同期比4倍の466台だった。アレックス取締役は「今年は政府機関を含む法人販売が好調だ。販売台数は全体の15%を占めており、年末までに20%まで引き上げる目標だ」と述べた。


関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:年末の一時帰国を前に、…(12/16)

バンコク銀がプルマタ銀買収 来年に2900億円で、海外事業強化(12/16)

グラブ、現代自と提携で来年からEV配車(12/16)

11月の新車販売台数は12%減少=地元紙(12/16)

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(12/16)

ホンダ四輪、11月小売り台数は前月比5%増(12/16)

アバンザ、発売以来16年で累計180万台販売(12/16)

すてきナイス、モデルハウスの見学会実施(12/16)

第2チカンペック高速道路、暫定供用を開始(12/16)

豪のWTO敗訴、国内製紙産業「問題なし」(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン