• 印刷する

国内初の高速道、23年に完工の見通し

カンボジア公共事業・運輸省は2日、国内初の高速道路が2023年前半に完工するとの見通しを示した。総延長は約190キロメートルで、首都プノンペンと南部の港湾都市シアヌークビルを結ぶ。プノンペン・ポスト(電子版)が3日に伝えた。

同省の報道官によると、同高速道の建設は今年3月末に始まり、現在は工程の5%が完了した段階。同高速道が通過する南部コンポンスプー州のビー・サムナン知事は「工事は昼夜にわたり進められているもよう」と報告。事業の影響評価や建設用地の収用に伴う補償に関しても、まもなく終了する見通しとコメントした。

同高速道は、中国政府系の道路・鉄道建設大手、中国路橋工程(CRBC)が、現地法人のカンボジア・プノンペン・シアヌークビル・エクスプレスウエー(柬埔寨金港高速公路)を通じ、BOT(建設・運営・譲渡)方式で建設。マレーシアのコンサルタント会社ミンコンサルトが技術面での提言などを行っている。総事業費は約20億米ドル(約2,180億円)で、工期は4年の予定。

同高速道は混雑が激しい既存の国道4号線(全長240キロ)に代わり、首都と国内有数の港湾都市を結ぶ新たな主要幹線として位置付けられている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

韓国・カンボジア、FTA交渉開始(09:21)

正月の振り替え、今月末から来月初旬の間に(07/10)

1~6月の縫製品輸出、5%減の38億ドル(07/10)

コロナで食品価格が一時上昇も、既に安定(07/10)

二輪ロイヤル、カンボジア市場に進出(07/10)

イオン、実習生ら支援に2500万円を寄付(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン