• 印刷する

3QのGDP伸び率、前期比0.4%増

韓国銀行が3日に発表した2019年7~9月期の実質国内総生産(GDP、確定値)成長率は、10月の速報値と同じ前期比0.4%増だった。消費と投資が低迷し、2四半期ぶりにプラス成長した前期と比べて、0.6ポイント下がった。

民間消費は、衣類などの準耐久材が不振で0.2%増にとどまった。建設投資は住宅・土木ともに不振で6.0%減。速報値より0.8ポイント下方修正した。設備投資も運送設備が健闘したものの、全体で0.6%増にとどまった。輸出は半導体と自動車を中心に4.6%増だった。

経済活動別の増減率を見ると、製造業は2.4%増だった半面、建設業は4.9%減と不振だった。

実質国民総所得(GNI、速報値)は0.6%増加した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ソウルにきっぱりと冬が…(12/09)

韓国がEV電池で覇権狙う LGとGM合弁、現地生産を加速(12/09)

10月の経常黒字、17%減の78億米ドル(12/09)

働き盛りの30~40代、18年は雇用13万人減(12/09)

9月の平均賃金、3.2%増の月375万ウォン(12/09)

100大ブランド、1位は「ギャラクシー」(12/09)

大韓航空の予約発券、カカオトークで可能に(12/09)

SKハイニックス、大規模人事で経営刷新へ(12/09)

LGのテレビ販売、昨年度は8.6%減(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン