• 印刷する

テイクオフ:マレーシアで物流施設へ…

マレーシアで物流施設への投資が増えている。背景には電子商取引(EC)の急拡大がある。マレーシアに限らず、世界中で購買行動がインターネット経由に移行し、EC物流は産業の垣根を超えて活発化している。

と書いてみたものの、現場を見たくなり、ECサイトで人気が高そうな出品者の倉庫に出かけてみた。都心から約20キロ。築年数がそこそこ経っていそうな長屋が並ぶ下町を抜けた、石肌の目立つ丘の途中にあった。ビル3階ほどの高さの建屋に入ると、山積みになった雑貨のランプの奧に看板商品であるソファの木枠がずらりと並んでいた。

巨大な扇風機の横で組み立て作業員が2人。受注管理役のボスと電話でやり取りし、生産から発送まで倉庫でこなすという。ネット通販の急速な拡大の波に乗ろうと急場で立ち上げたような荒っぽさがある。パソコン画面の向こうの世界はなんとも奧深い。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:政府による2週間の活動…(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

活動制限令、きょうから強化 営業や通行の時間帯を制限(04/01)

従業員リストの変更許可、日本人商工会が要請(04/01)

首都中心部の高層住宅、コロナ急増で封鎖(04/01)

新たに140人確認、感染者2766人に(04/01)

サンゲツ、ホーチミン市に現法設立(04/01)

RM1=25.2円、$1=4.31RM(3月31日)(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン