• 印刷する

テイクオフ:バンコクの都心はすっか…

バンコクの都心はすっかりクリスマスムードになった。東南アジア最大級というツリーが出現し、カフェではBGMのクリスマスソングを中年のタイ人女性が口ずさむ。観光立国の12月は何かと明るい。

「街のにぎわいを家にも」との家族の要望で、バンコク西部バンコクヤイ地区にあるクリスマスグッズが売られている卸問屋に行った。首都圏鉄道「MRT」の延伸区間が最寄り駅となる通称「クリスマス工場」は、路地裏にあるにも関わらず、日本人の家族が数組いた。

ネットには10年以上前のブログで「クリスマス工場」の記述があり、一見分かりづらい場所にあるが、脈々と駐在員の間で受け継がれているらしい。

バンコクの日常に四季はなくても、次々やってくるイベントが時の流れを感じさせる。「ハッピーニューイヤー」のクリスマス飾りを手に1年の総括を考え始めた。(京)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

都心オフィス賃料、上昇続く 新規2軒の完成が23年にずれ込み(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

バンコク郊外の「森の街」、事業費4割増額(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

土地・建物税、1回目の支払い期限を延長(12/13)

エキスポの受注台数、15%減の3.7万台(12/13)

ドンムアン免税店、キングパワー1社が応札(12/13)

パープルライン、3カ月限定で終日値下げ(12/13)

三菱日立PS、タイ向けにガスタービン出荷(12/13)

テスコのタイ事業、PTTは買収に関心なし(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン