香港化粧品小売りササ撤退 市場競争激化、6年連続赤字

香港の化粧品小売り最大手、莎莎国際(ササ・インターナショナル)は、シンガポール国内の全22店舗を閉鎖し、同国市場から撤退する。日系の小売店も増える中、競争が激化しており、シンガポール部門が6年連続で赤字を記録。本拠地香港の情勢不安でグループ全体も赤字に転落したこ…

関連国・地域: 香港シンガポール
関連業種: 医療・医薬品化学小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ下での就職活動で…(08/12)

通年成長率の上限を下方修正 2Q改定値悪化で、経済改革へ(08/12)

コロナ適応でデジタル化進展 東南アで若者のオンライン利用増(08/12)

通年の輸出見通し、プラスに上方修正=政府(08/12)

首都で新たなコンド事業始動、総戸数1190戸(08/12)

EC関連の物流・倉庫、人手不足で採用増(08/12)

シンガポール航空、労組と減給などで合意(08/12)

法律事務所、コロナ禍で人件費削減(08/12)

新規感染61人、約4カ月ぶり低水準(11日)(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン