• 印刷する

3QGDPデフレーター、20年ぶりの下落幅

韓国銀行(中央銀行)が3日に2019年7~9月期の実質国内総生産(GDP、確定値)とともに発表した同期のGDPデフレーターは、前年同期と比べて1.6%減少した。アジア通貨危機直後の1999年4~6月期(2.7%減)以来の落ち込み幅となった。

GDPデフレーターは総合的な物価の動きを示す指標で、名目GDPを実質GDPで割ったもの。増加率がマイナスであれば、物価が下落したことを示す。

マイナスは4四半期連続と統計開始以来過去最長となり、専門家の間ではデフレに対する懸念が高まっている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:映画館に子どもの泣き声…(12/16)

半導体大手が中国事業を拡大 サムスン、80億米ドルの追加投資(12/16)

グラブ、現代自と提携で来年からEV配車(12/16)

独系出前アプリが韓国1位買収、アジア攻略(12/16)

サムスン電機、高密度回路基板から撤退へ(12/16)

就業者数、高齢者は増加も30~40代は減少(12/16)

サムスン、低価格エアコン市場に再参入(12/16)

11月輸入物価指数、前年同月比で2.1%下落(12/16)

地場企業、サムスンとスマート住宅で提携(12/16)

アシアナ売却、錦湖とHDCが事実上妥結(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン