出る杭打たれるモビリティー 有望企業起訴、強まる規制に懸念

韓国で次世代モビリティー事業が存続の危機に立たされている。スマートフォンアプリを利用したライドシェアサービス「タダ」を提供する有望ベンチャーの違法性を巡る法廷での争いが2日、幕を開けた。さらに国会では「タダ禁止法」とも呼ばれる法改正が進むが、シンガポールのグラ…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:映画館に子どもの泣き声…(12/16)

半導体大手が中国事業を拡大 サムスン、80億米ドルの追加投資(12/16)

グラブ、現代自と提携で来年からEV配車(12/16)

独系出前アプリが韓国1位買収、アジア攻略(12/16)

サムスン電機、高密度回路基板から撤退へ(12/16)

就業者数、高齢者は増加も30~40代は減少(12/16)

サムスン、低価格エアコン市場に再参入(12/16)

11月輸入物価指数、前年同月比で2.1%下落(12/16)

地場企業、サムスンとスマート住宅で提携(12/16)

アシアナ売却、錦湖とHDCが事実上妥結(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン