出る杭打たれるモビリティー 有望企業起訴、強まる規制に懸念

韓国で次世代モビリティー事業が存続の危機に立たされている。スマートフォンアプリを利用したライドシェアサービス「タダ」を提供する有望ベンチャーの違法性を巡る法廷での争いが2日、幕を開けた。さらに国会では「タダ禁止法」とも呼ばれる法改正が進むが、シンガポールのグラ…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、28人増の1万4626人(13:52)

SK、中国データセンター社に317億円を投資(18:02)

SKイノ、次世代EV電池をフォードに供給(20:18)

アップルの心電図アプリ、販売許可を取得(16:46)

日韓交流まつり、9月20日にオンライン開催(16:49)

テイクオフ:外食をする際にマスクの…(08/10)

洋上風力発電の普及に本腰 30年までに発電能力を100倍に(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン