• 印刷する

11月の二輪車販売、ゴゴロが2位に初浮上

台湾の交通部(交通省)によると、二輪車の11月の新車販売台数(ナンバープレート交付ベース)は前年同月比28.5%増の8万168台だった。3カ月連続で前年同月を上回った。電動スクーター「Gogoro Smartscooter(ゴゴロ・スマートスクーター)」を展開する睿能創意(ゴゴロ)は、先月から1つ順位を上げ、初めて2位に付けた。

排気量別では、主力の125ccが8.1%増の3万2,764台、150cc以上は22.7%増の9,557台。一方、80~115ccは10.9%減の1万3,021台だった。50ccは販売が計上されなかった。

電動二輪車は約2.6倍の2万4,826台と大きく伸びた。

最大手の光陽工業(キムコ)の販売台数は11.8%増の2万3,485台。電動二輪車が約14.4倍の4,040台と急伸した。主力の125ccもプラスを維持したが、80~115ccと150cc以上はともに前年同月を下回った。

ゴゴロは約2.2倍の1万8,530台。9月に発表した軽量型の新モデル「Gogoro VIVA(ゴゴロ・ビバ)」と女性向けモデルの「Gogoro 2 Delight(ゴゴロ2ディライト)」が好調で、単月の販売台数としては過去最多となった。

三陽工業(SYM)は25.1%増の1万6,089台。150cc以上が約5.2倍となったものの、80~115ccが伸び悩み、順位を1つ落とした。電動二輪車の販売は9.4%減の106台。

台湾山葉機車(台湾ヤマハ、ヤマハ発動機系)は9.7%増の1万5,550台。電動二輪車は約9.4倍の366台だった。

スズキの台湾総代理店、台鈴工業は18%減の794台。80~115cc以外が伸び悩んだ。

1~11月の販売は前年同期比4.1%増の79万5,319台。伸び幅は1~10月(1.9%)から2.2ポイント拡大した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

聯発とインテル、5G対応PC開発で提携(13:05)

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

義隆が聚積の増資引き受け、LEDで協業(08/07)

エイサー、2Q純益は前年同期比3倍(08/07)

中国スマホ向けAPシェア、聯発科技が首位(08/07)

世界先進が値上げも、需要旺盛で(08/07)

中華電信とHTC、VRサービスで提携(08/07)

群光、サーバー電源で世界トップ狙う(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン