製靴協会、今年の目標輸出額を下方修正

インドネシア製靴業協会(Aprisindo)は、今年の靴製品の目標輸出額を前年並みの約51億1,000万米ドル(約5,600億円)に下方修正した。当初は前年比10%増に設定していた。製靴メーカー各社が、最低賃金の上昇したバンテン州から中ジャワ州へ工場移転を進めていることなど…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:大学生の娘に、手持ちの…(12/09)

19年選挙の副作用、国論二分 本名純教授が2期政権の動向分析(12/09)

東南アの20年成長率4.5%維持=欧社予測(12/09)

ガルーダ航空、社長代行にフアド取締役(12/09)

パティンバン港周辺開発の調査、日本に依頼(12/09)

首都の第2外環状道路、一部区間が完成(12/09)

石化大手、ポリエチレン工場を開所(12/09)

旭化成、結晶セルロースのハラル認証を取得(12/09)

ソロの空港鉄道が20日に開業=空港運営会社(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン