• 印刷する

広州モーターショー閉幕、76万人が来場

中国3大モーターショーの一つ、第17回中国(広州)国際汽車展覧会(広州モーターショー)が10日間の日程を終え、1日に閉幕した。来場者は延べ76万人で、前回から7万人増えた。

自動車情報サイトの騰訊汽車などが伝えた。新エネルギー車(NEV)182台が展示されるなど、先端技術を搭載した車両に注目が集まった。

初日のメディア公開日には68件のプレス発表会が開かれ、国内外の報道機関2,551社から記者1万577人が取材に訪れた。記者数は前年を上回った一方、プレス発表会は16件減少した。例年プレス発表会を開いている日系合弁メーカーも今年は数社が開催を見送った。

さらに、今回は出展自体を見送る自動車メーカーも相次いだ。国内9位の自動車メーカー、華晨汽車集団のほか、力帆実業(集団)や安徽衆泰汽車、仏ルノー系合弁の東風雷諾汽車、フランスのグループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)などが参加しなかった。

中国の新車市場は16カ月連続の前年割れが続いており、プレス発表会や出展メーカーの減少は市場の低迷をより印象付ける形となった。

次回は2020年11月20~29日(20日はメディア公開日)の日程で開催する。


関連国・地域: 中国-広東日本欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:携帯キャリアから久しぶ…(12/09)

米産大豆など、報復関税免除 貿易協議にらみ柔軟姿勢か(12/09)

韓国がEV電池で覇権狙う LGとGM合弁、現地生産を加速(12/09)

中国11月新車販売、日系3社好調も日産苦戦(12/09)

丸紅のコンソ、豪鉄道事業受注 NSW州シドニーでPPP事業権(12/09)

中国企業、南東部で廃棄物発電を検討(12/09)

有望投資先、越が6年連続1位=日本公庫(12/09)

11月の貿易0.5%減、7カ月連続マイナス(12/09)

香港米国商会トップ、マカオ入境拒否される(12/09)

来年も安定成長を堅持、中央政治局会議(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン