物流業界が振替受注獲得か、香港混乱などで

台湾の物流・倉庫業界では、来年まで業務が活況になるとの見方が広がっている。米中貿易摩擦の影響や、「逃亡犯条例」に端を発した香港の混乱を受け、台湾に需要が流れているとの指摘だ。経済日報などが伝えた。 業界関係者によると、米中摩擦が世界経済に大きな打撃を与えただけ…

関連国・地域: 中国香港台湾米国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

上場企業の中国投資益、3四半期連続で減少(12:45)

テイクオフ:「無糖でお願いします」…(12/11)

サバヒーのうろこから新素材 台湾・繊維イノベーション(1)(12/11)

聯発科技の11月売上高1割増、好調続く(12/11)

TSMCの11月売上高、単月最高を更新(12/11)

ノートPC受託5社、11月は緯創のみ増収(12/11)

半導体の環宇、晶電の中国孫会社に出資(12/11)

中国が外国PCを置き換えか、仁宝に恩恵も(12/11)

放熱モジュールの超衆科技、ハノイに工場(12/11)

和泰総経理、20年の新車販売43.5万台へ(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン