• 印刷する

テイクオフ:7年ぶりにオーストラリ…

7年ぶりにオーストラリアに戻った。そこでまず目に付いたのが公共交通機関内での人々の態度の違いだ。日本では皆、乗車中は静かで、大声で話している人などまずいないのに、こちらでは皆スマホで堂々と話していることだ。

だが日本に引っ越した当初、逆に電車内で驚いたこともある。サラリーマンらしき男性が缶ビールを飲んでいたのだ。日本の公共交通機関では、携帯電話での通話を控えるようアナウンスが流れるが、なぜか飲食は禁止されていない。これが外国人観光客に受けており、皆が口をそろえて「日本は外で酒が飲めるなんて最高だ!」と言っているほどだ。

しかし、オーストラリアの公共交通機関内で酒が飲めるようになったら、それはもう地獄絵図になることが目に見えている。そうなれば、筆者は交通機関を利用するのを止めるだろう。(瀬戸内)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

豪6月企業景況感、改善も完全回復は長期戦(18:42)

オーストラリアと労働者交換プログラム実施(21:17)

サントス、ガスからCO2ゼロの水素製造へ(18:42)

テイクオフ:オーストラリア製食品な…(07/14)

コロナ打撃大きい業界を支援 給与支援策を変更、詳細は23日か(07/14)

規制緩和で雇用市場回復も、業界や地域で差(07/14)

政府、低所得者向けに2回目の一時給付金(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン