• 印刷する

テイクオフ:7年ぶりにオーストラリ…

7年ぶりにオーストラリアに戻った。そこでまず目に付いたのが公共交通機関内での人々の態度の違いだ。日本では皆、乗車中は静かで、大声で話している人などまずいないのに、こちらでは皆スマホで堂々と話していることだ。

だが日本に引っ越した当初、逆に電車内で驚いたこともある。サラリーマンらしき男性が缶ビールを飲んでいたのだ。日本の公共交通機関では、携帯電話での通話を控えるようアナウンスが流れるが、なぜか飲食は禁止されていない。これが外国人観光客に受けており、皆が口をそろえて「日本は外で酒が飲めるなんて最高だ!」と言っているほどだ。

しかし、オーストラリアの公共交通機関内で酒が飲めるようになったら、それはもう地獄絵図になることが目に見えている。そうなれば、筆者は交通機関を利用するのを止めるだろう。(瀬戸内)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国人の友人と思い出話…(12/12)

豪大手企、気候変動対策必須か 証券投資委が計画(12/12)

豪12月消費者マインド下落、下期通じ悲観的(12/12)

NSW州水規制、ガーデニング小売りに打撃(12/12)

〔オセアニアン事件簿〕豪東部州の山火事、120年間で最悪規模(12/12)

利回り最低のダメ退職年金を公表=監督庁(12/12)

豪競争委、金融機関のカルテル裁判で窮地に(12/12)

新システム導入の医療保険、苦情が倍増(12/12)

ライナス、マレー工場をWA州に移設(12/12)

石油精製ビバ、小売事業低迷で41%減益に(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン