• 印刷する

回線速度3倍で料金4割安、規制1年で改善

世界銀行によると、マレーシアのブロードバンド通信速度は過去1年間で3倍に向上した一方で、料金は約4割安くなった。マレーシア通信マルチメディア委員会(MCMC)が2018年6月に、ブロードバンドの卸売料金を規制するアクセス価格義務基準(MSAP)を導入したことがサービス改善の背景にある。マレーシアン・リザーブが伝えた。

世銀のマレーシア担当リードエコノミスト、リチャード・レコード氏は11月28日、クアラルンプールで開かれた技術フォーラムで「MSAP導入後、大手プロバイダー間の競争が活発化し、ブロードバンド料金は1年間で44%低下した」と説明した。

世銀は6月に発表したリポート「マレーシア経済モニター」で、マレーシアの固定ブロードバンドの平均料金が1ギガビット毎秒(Gbps)以上で前年の399リンギ(約1万500円)から224リンギへと44%下がった一方、通信速度は22.2メガビット毎秒(Mbps)から67.2Mbpsへと3倍に向上したと報告している。

レコード氏によると、MSAPにより通信事業への新規参入が進んでおり、国営電力テナガ・ナショナル(TNB)は本格参入を目指し、マラッカ州ジャシン地区で高速インターネットサービスを試験運用している。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

外国産「和牛」とすみ分けへ 日本産認定に加えQRコード導入(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

RM1=26.1円、$1=4.16RM(12日)(12/13)

日本の40社が来年に業界参入へ、ハラル公社(12/13)

鉱工業生産指数、10月上昇率0.3%に減速(12/13)

製造業売上高、10月は2.2%増の746億リンギ(12/13)

サラワク州の小規模電力網、韓国企業と提携(12/13)

ランカウイ島へ海底送電線、国営電力が敷設(12/13)

メルセデス、SUV新モデルで販売増に期待(12/13)

PLUSが英交通安全賞受賞、ア高速道で初(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン