• 印刷する

仮想通貨取引所PDAX、ユニオン銀と提携

フィリピンで仮想通貨取引所を運営するフィリピン・デジタル・アセット・エクスチェンジ(PDAX)は11月28日、商業銀行ユニオン・バンクと提携したことを明らかにした。ユニオン・バンクのフィンテック子会社UBXによる出資を受け入れ、事業の拡大を図る。29日付ビジネスミラーが伝えた。

PDAXはブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用した仮想通貨取引所。ユニオン・バンクとの提携によって取引のプラットフォームを強化する。将来的にはコモディティー(商品)、代替資産、デリバティブ商品なども扱うことを視野に入れている。

ユニオン・バンクにとっては、資産のトークナイゼーション(トークン化)化を進める戦略でPDAXのノウハウを吸収できるという利点がある。同行は、仮想通貨などデジタル資産の普及がフィリピンの金融サービスの拡充につながるとの見方を示す。金融サービスへのアクセス範囲を広げる金融包摂の実現にも寄与すると考えている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

テイクオフ:こわもての議員は誰かと…(07/06)

マニラ空港、第3ターミナルの運用再開(07/06)

コロナ感染新たに2434人、累計4万4254人(07/06)

「反テロ法」が成立、治安当局の権限強化(07/06)

上位中所得国入りならず、世銀の所得分類(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン