韓国系機関GGGI、ごみ燃料化事業を検討

韓国を拠点とする国際機関グローバル・グリーン成長機構(GGGI)が、カンボジアの首都プノンペンでごみ発電向けの燃料製造事業を検討している。首都の人口増加や経済成長に伴うごみ処理問題の解決につなげる。クメール・タイムズ(電子版)が11月29日伝えた。 GGGIのフラ…

関連国・地域: 韓国カンボジア
関連業種: その他製造建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、中国人13人など感染(08/12)

上期の輸入車両41万台、金額は6.3億米ドル(08/12)

首都で新たなコンド事業始動、総戸数1190戸(08/12)

新型コロナ、新たに5人感染で計248人(08/11)

労組総連合が書簡、支援求め労働省に(08/11)

チクングニア熱、感染疑われる例2千人超に(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン