• 印刷する

中央省庁の一部ポストを廃止、AIを活用

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は28日、各中央省庁の高官ポストを一部廃止し、人工知能(AI)を積極的に活用する方針を明らかにした。投資の障害となっている煩雑な行政手続きを簡素化することが目的。地元各メディアが同日伝えた。

省庁の高官は「エセロン」と呼ばれる1(事務次官など)から4(課室長など)まで4階級の役職が設けられている。

ジョコ大統領は、首都ジャカルタで開催された経営者フォーラムで、エセロン3(部長など)とエセロン4のポストの一部を廃止すると説明した。「国家機関強化・官僚改革相にはAIの導入を進めるよう既に指示を出した。AIに切り替えれば、行政手続きを迅速化できる」と述べた。

AI化の実現に向けて、国会の承認を得るための手続きを近く進める。また、来月には税制改革法案や労働規制関連の改正案も提出する。

コンパス紙が主催した経営者フォーラムに出席したジョコ大統領(中央)ら(内閣官房提供)

コンパス紙が主催した経営者フォーラムに出席したジョコ大統領(中央)ら(内閣官房提供)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:某地図アプリでも表示さ…(12/12)

MOCA、グラブと二人三脚 群雄割拠のモバイル決済(下)(12/12)

村田製作所がデータビジネス 首都で交通量測定、商用化へ(12/12)

東南ア経済成長率見通し、ADBが下方修正(12/12)

村田製作所の津守氏に聞く(12/12)

シャープ、新型スマートテレビ2種を発売(12/12)

ジャワ島外の工業団地19カ所、5年で優先開発(12/12)

西ジャワ新空港のアクセス高速道、3月着工(12/12)

再生可能エネ発電、民間の出資制限見直しへ(12/12)

鉱業ロイヤルティーの料率、加工品を優遇(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン