• 印刷する

テイクオフ:ニュージーランドに入国…

ニュージーランドに入国すると、この国がいかに自国の自然を守ろうとしているかを痛感する。例えば先日入国したオークランド空港での持ち物審査では、係官に「ハイキングブーツを持っているか」と聞かれた。ブーツの底に土などが付着していれば、外来種の種子や虫などが含まれているケースがあり、それらが国内に入り込むリスクを想定しているのだろう。

また、空港内で係官に連れられた警察犬が、筆者の前にいた若い男性のショルダーバッグをクンクンとかぎ、その場で座り込んだ際にはドキッとさせられた。警察犬が麻薬をかぎつけた際に取るポーズだからだ。男性は「バナナしか持っていません!」とほうほうのていで弁明していたが、本当にバナナを申告しなかっただけかもしれない。

手つかずの偉大な自然資産を守ろうとする国の本気度が伝わってくるようだ。(西嵐)


関連国・地域: ニュージーランド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅に近い大きなグラウ…(12/16)

豪政府、IT企規制を強化 競争委が任意の行動規範策定(12/16)

技能ビザ職業リスト、美容師除外でIT誘致へ(12/16)

ダイキン、豪州生産とR&D拡大を推進(12/16)

豪ホンダ、全車で次世代からHV導入(12/16)

アサヒのCUB買収、競争委が懸念を表明(12/16)

アサヒのCUB買収に懸念、豪消費者委員会(12/16)

豪のWTO敗訴、国内製紙産業「問題なし」(12/16)

豪英FTA交渉、英保守党勝利で加速へ(12/16)

豪法人税、上位10社の納税額が230億$に(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン