• 印刷する

セブンイレブン、インド1号店は来年開業

コンビニエンスストア「セブン―イレブン」のインド1号店の開業が、当初予定していた2019年内から来年に持ち越されたことが分かった。セブン―イレブン・ジャパンの広報担当者が27日、NNAに明らかにした。

セブン―イレブン・ジャパンは2月、米国の完全子会社セブン―イレブン・インクとインドの小売り大手フューチャー・グループの傘下企業がマスターフランチャイズ契約を結んだことと、年内にインド1号店を開設する予定であることを発表していた。

インドの経済紙ビジネス・スタンダード(電子版)が27日に伝えたところによると、1号店の開業は来年2~3月となる。出店地は西部ムンバイ。

■食事提供を主力に

ビジネス・スタンダードは、フューチャー・グループのキショル・ビヤニ最高経営責任者(CEO)氏が「(インドのセブン―イレブンは)食事の提供に重点を置いたコンビニとする。出店の第一段階としてムンバイに5~7店舗を設け、業態が適切かどうか観察していく」などと語ったと報じている。

フューチャーはセブン―イレブンを「24時間営業」としない方針で、ムンバイ市民に「手ごろで衛生的な食事を提供することを最重視する」という。食事や総菜のほかに、果物、ジュース、菓子類、調味料も取り扱う。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:おかしいと思う人も多い…(01/20)

日本工業団地で入居進む 1年で9社、南部で整備活発(01/20)

マヒンドラ、車専門のECサイトを買収(01/20)

現代自、製品販売サイトを開設(01/20)

ジンダルの火発、ドイツ銀主導の連合が買収へ(01/20)

欧米との貿易協定締結に期待=商工相(01/20)

複合リライアンス、10~12月は14%増益(01/20)

アッサム州のフェリー事業、世銀が融資決定(01/20)

インディゴ、国内3都市―中東便を就航(01/20)

空港GMR、売却比率を49%に引き上げ(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン