日系景況感が例年より低水準 東南アジア、業績低迷で慎重に

東南アジア諸国連合(ASEAN)で活動する日系企業の景況感は改善傾向にあるものの、例年に比べて悲観的な見方がまだ強いことが、日本貿易振興機構(ジェトロ)が実施した「2019年度アジア・オセアニア進出日系企業実態調査」で明らかになった。米中貿易摩擦などによる域内の経…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

12月インフレ率0.8%、運輸上昇 19年通年は3年連続プラス(01/24)

シンガポールでも新型肺炎、武漢市の中国人男性(01/24)

豊田通商、コネクテッドサービスで新会社(01/24)

通信2位と3位、共同で5G入札に参加(01/24)

ベルーナ、医療人材紹介会社を買収(01/24)

デリーに健康複合施設の計画、200億ルピーで(01/24)

シンガポール人就業率、10年で4ポイント上昇(01/24)

HSBC、法人向けグリーン預金口座を導入(01/24)

SRXとAIG、敷金代わりの保険商品発売(01/24)

テマセクなど2社、再エネ特化の新会社設立(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン