日系景況感が例年より低水準 東南アジア、業績低迷で慎重に

東南アジア諸国連合(ASEAN)で活動する日系企業の景況感は改善傾向にあるものの、例年に比べて悲観的な見方がまだ強いことが、日本貿易振興機構(ジェトロ)が実施した「2019年度アジア・オセアニア進出日系企業実態調査」で明らかになった。米中貿易摩擦などによる域内の経…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本との往来制限、9月に緩和 両外相が2つの枠組みに合意(08/14)

金融技術革新に2.5億Sドル拠出=当局(08/14)

DBS銀、建設業向け自動決済システム導入(08/14)

港湾アダニ、シンガポール新会社を設立(08/14)

独商工会、プラスチックのリサイクル促進(08/14)

シンガポール航空、乗務員に早期退職制度(08/14)

サービスアパートで在宅勤務、アスコット提供(08/14)

車両総数の増加率、22年1月まで0%維持(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン