• 印刷する

商業不動産投資、1~9月は都市別で世界8位

2019年1~9月期の都市別の商業用不動産投資額で、シンガポールは世界8位となったことが、米系不動産仲介大手ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)の調べで明らかになった。賃料上昇や入居需要の拡大を背景に前年同期の約3倍の水準となった。

商業用不動産にはオフィスや工業不動産、商業施設、ホテルなどが含まれる。シンガポールの1~9月期の投資額は132億米ドル(1兆4,340億円)となり、過去最高を記録。前年同期の17位から9ランクアップした。

アジア地域では韓国・ソウル(世界3位)、東京(同4位)、中国・上海(同6位)に次いで4位。オフィス物件への投資が目立ち、前年同期の2.8倍に達した。

国をまたぐクロスボーダー取引の資金源を国・地域別(取引額ベース)にみると、7~9月期はシンガポールが世界3位、アジアでは1位となった。世界1位はドイツ、2位は米国だった。

シンガポールの大型案件では、ドイツの保険大手アリアンツの不動産部門と香港の不動産投資ファンドが、中心部ブギスにある複合施設「デュオ(DUO)」のホテルを除く部分を11億4,600万米ドルで取得している。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日系14%の入国承認、制限緩和第2期に(22:26)

与野党が選挙討論会、雇用問題で意見対立(19:46)

総選挙は経済・雇用対策焦点、与党に追い風(19:44)

東急ハンズが8月に1号店閉店、契約満了で(19:47)

フィンテック社、「ツケ払い」サービス提供(19:47)

保険料収入、今年は3.4%減へ=報告書(19:43)

新規感染188人、計4万4310人(2日)(19:43)

テイクオフ:5年ぶりとなるシンガポ…(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン