• 印刷する

タタコンサル、R&Dで米クアルコムと連携

インドのITサービス最大手タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)は20日、米半導体大手のクアルコムと連携し、南部ハイデラバードで新たな研究開発(R&D)施設「イノベーション・ハブ」の運用を開始すると発表した。

イノベーション・ハブでは人工知能(AI)とモノのインターネット(IoT)、第5世代(5G)の通信技術を組み合わせ、業界別に特化した新サービスを開発する。取引先企業の新しい事業モデルの構築や収益源の確保、製品の差別化、サービスの付加価値の向上を実現させることが目標だ。

TCSとクアルコムがそれぞれの分野で持つ知見の組み合わせは、画期的なユースケース(活用事例)の構築につながるという。具体的な業種では、保健医療と自動車、製造、小売り、公益への言及があった。

TCSは、事業や生活に大きな変化をもたらす新技術の導入、いわゆる第4次産業革命への対応に積極的な企業の在り方を「ビジネス4.0」と呼んでいる。イノベーション・ハブの開設により、取引先企業のビジネス4.0を加速させるとしている。


関連国・地域: インド米国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド人といえば、頭に…(12/12)

新興予防医療が展開拡大 来年は日本へ、三井物産支援受け(12/12)

自動車販売店、11月の小売り総数は2.5%増(12/12)

タタ自、11月の世界販売は15%減の9万台(12/12)

19年上期の乗用車輸出、現代が首位で10万台(12/12)

現代自、来年1月からの値上げを発表(12/12)

日通が地場同業と業務提携、サービス強化(12/12)

インパクト、コンビニ16号店を南部に開業(12/12)

中国スカイワース、工場設置に1億ドル投入(12/12)

リニュー、太陽光開発で韓国建設大手と合弁(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン