中国猛反発、報復の構え=香港法案の米議会通過

【北京共同】中国が香港に高度の自治を保障する「一国二制度」を守っているかどうか毎年検証する「香港人権・民主主義法案」を米上下両院が可決したことに対し、中国の王毅国務委員兼外相は21日「中国内政への露骨な干渉だ」と強く非難した。外務省の耿爽副報道局長も定例記者会見…

関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

本土水産物、18日から海上橋での輸送可能に(22:08)

テイクオフ:日本の師走の風物詩と言…(12/16)

11月の工作機械輸出17%減に 13カ月連続、通年2割減も(12/16)

香港政財界、警戒感崩さず 米中貿易協議の第1段階合意で(12/16)

3日続伸、米中合意報道が刺激=香港株式(12/16)

香港取引所、緊急取引停止措置の導入見送り(12/16)

香港取引所、清算部門の統合検討(12/16)

中国、香港政策で提言要請=見直し模索か(12/16)

習主席18日からマカオへ、返還20周年式典(12/16)

習主席、マカオ返還20周年に「手土産」か(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン