• 印刷する

LIBOR停止への対応、香港の銀行は順調

ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の公表が2021年に停止される見込みになっていることを受けて、大手会計事務所KPMGはこのほど、アジアの主要銀行を対象に実施した対応状況に関する調査結果を公表した。香港の銀行については代替指標の移行作業などが比較的順調に進んでいると報告した。21日付信報が伝えた。

香港のほか、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポールに営業拠点がある大手銀行20行余りを対象に調査を実施。香港では対象10行(地場銀とグローバル銀を含む)のうち、6行が既に金利指標の移行プランの策定を終え、5行はRFR(リスク・フリー・レート)と呼ばれる新しい基準金利をベースにした金融商品を販売していた。このうち4行は欧米資本で、LIBORから代替指標金利への移行準備を積極的に後押ししている欧米金融当局のスタンスを反映した。

LIBORからの切り替えで多くの銀行が心配しているのは訴訟リスクで、香港では6行が最大の懸念要因だと指摘した。また5行は、代替となる金利指標の利用が十分に広がっていないことを憂慮した。

LIBORは、銀行間で資金をやりとりするインターバンク市場で最も普及が進んでいる指標金利の一つ。銀行の資金調達、運用、金融商品などの金利を決める際の基準になっている。ただ、12年以降、欧米金融機関などでLIBORを操作したとする不正が相次ぎ発覚し、信頼性が低下。英国の金融監督機関である金融行為規制機構(FCA)は、21年以降にLIBORが停止される可能性があるとの声明を発表し、国際的にこれに替わる指標金利を策定する動きが続いている。


関連国・地域: 香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:記憶する限り、香港の華…(08/13)

キャセイ、99億ドルの赤字 1~6月、旅客激減が直撃(08/13)

コロナの新規感染者62人、累計4243人(08/13)

次期立法会は10月半ば開会、初日に施政報告(08/13)

香港製品は「中国製」と表示、米が義務付け(08/13)

続伸、ロシアのワクチン承認好感=香港株式(08/13)

バイドゥ傘下の愛奇芸、香港上場を検討か(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン