• 印刷する

中国国際航空が重慶―成田線、24日就航

中国国際航空(北京市、エアチャイナ)は20日、重慶江北国際空港と成田空港を結ぶ定期便を24日に就航すると発表した。毎日1往復する。中国国際航空が重慶市と日本を結ぶ直行便を就航するのは初めて。中国新聞社電が伝えた。

中国国際航空による重慶発着の国際線は6都市目となる。

重慶空港を運営する重慶機場集団の戴科総経理によると、重慶と日本の直行便は2015年の開通以来、利用客数が4.5倍に伸びた。平均搭乗率は90%を超えており、重慶空港の国際線で最も搭乗率が高い路線の一つという。

■浦東―成田線を増便

中国国際航空はこのほか、上海浦東国際空港と成田空港を結ぶ路線を20年1月10日から従来の1日3便を4便に増便する。


関連国・地域: 中国-重慶日本
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:昼前のオフィスに同僚の…(12/10)

11月輸出がプラス回復 米中向け好調、電子も伸び(12/10)

不動産融資拡大に警戒も 銀行業界首脳、代替収益を模索(12/10)

環境政策を経済と協調関係に 環境相、景気減速でさじ加減苦慮(12/10)

本土とマカオの中銀、通貨スワップ協定締結(12/10)

来年の経済成長6.0%前後、社会科学院予測(12/10)

中国外相が来訪、ラカイン支援などを協議(12/10)

税優遇の輸入設備、改定版リストを発表(12/10)

来年の可塑剤市場、南亜と聯成で見方割れる(12/10)

中国銀聯、非接触型とQR決済で顧客拡大へ(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン