• 印刷する

テイクオフ:日本と同様に韓国も「四…

日本と同様に韓国も「四季」を持っており、季節ごとにソウルはさまざまな「色」で彩られる。春にはピンクの桜が咲き、夏には緑が生い茂る。秋になると黄色に染まり、冬には真っ白な世界になる。とりわけ、見どころは秋の黄色だ。

街路樹の種類はさまざまだが、ソウルで最も多く見かけるのがイチョウの木だ。イチョウは実を踏むと独特の臭いがするので嫌う人も多いが、鮮やかに染まった黄色い葉は春の桜に負けないくらい美しい。そのため、ソウル市はイチョウを「市の木」に指定している。

近年は温暖化のせいで夏が長くなり、イチョウを楽しむことができる期間は短くなりつつあるが、黄色い葉は冬が迫っていることを知らせてくれる目印でもある。実際に気温が零下になる日も増えてきた。そろそろ、たんすから冬着を取り出さなければ。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、20人増の1万4519人(12:08)

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

サムスン旗艦機で首位奪還へ ノート20公開、MSとゲーム協業(08/07)

新型コロナ感染者、43人増の1万4499人(08/07)

7月の輸入車販売、5カ月ぶり2万台下回る(08/07)

大韓航空が2Q黒字転換、貨物好調が奏功(08/07)

HDC、アシアナ側の「再査定拒否」に遺憾(08/07)

LCCジンエアーが増資へ、生き残り模索(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン