韓国のPM2.5、5割は国内要因で発生

韓国環境省傘下の国立環境科学院は20日、韓国で発生する微小粒子状物質「PM2.5」のうち国内要因で発生する割合は51%に達するとの分析結果を公表した。一方、中国から飛来する割合は32%にとどまり、韓国が主張する「環境汚染の原因は中国にある」との見方に反する結果となった。…

関連国・地域: 中国韓国日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

独メルク、平沢に半導体素材センター開設(19:59)

脱北者もコロナで急減、4~6月は12人(20:03)

テイクオフ:韓国で1日から自動車の…(07/02)

輸出が3カ月連続2桁減 半導体は横ばい、改善の兆し(07/02)

新型コロナ感染者、51人増の1万2850人(07/02)

ソウル市、外国人にも緊急支援金給付か(07/02)

金輸出が停止状態、LC決済に嫌気で(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン