AD措置を終了、日本とインドの化学品

中国商務省は20日、日本とインドから輸入される化学物質ピリジンについて、2013年から実施してきた反ダンピング(不当廉売、AD)関税措置を終了すると発表した。同日を最後にAD関税の徴収を打ち切った。 商務省は13年11月から同措置を開始。昨年11月に5年間の期限を迎えたが…

関連国・地域: 中国-全国インド日本
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

韓国製EV電池、中国で補助金対象に(19:31)

豪AI研究の中国依存大、共同研究が30%超(17:16)

孔子学院の設立数、162カ国550カ所に(18:37)

テイクオフ:昼前のオフィスに同僚の…(12/10)

11月輸出がプラス回復 米中向け好調、電子も伸び(12/10)

不動産融資拡大に警戒も 銀行業界首脳、代替収益を模索(12/10)

環境政策を経済と協調関係に 環境相、景気減速でさじ加減苦慮(12/10)

本土とマカオの中銀、通貨スワップ協定締結(12/10)

来年の経済成長6.0%前後、社会科学院予測(12/10)

税優遇の輸入設備、改定版リストを発表(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン