• 印刷する

テイクオフ:インドのような多文化・…

インドのような多文化・多言語な国での家探しは容易ではない。たとえそれが、母国であっても。

もしあなたがムスリムなら、一部のヒンズー教徒がムスリムを疑いの目で見るため、家探しはヒンズー教徒より難しくなるだろう。そのためムスリムの多くは、ムスリムが過半数を占める地域に家を見つける。

食の好みも家探しを左右する重要な要素になる。インドでは、ノンベジタリアンには家を貸さない団地がいくつもあるからだ。特に北東部出身者が有名な団地で部屋を借りるのはほぼ不可能だと思う。その他の地域と文化が大きく異なり、大半がノンベジタリアンだという認識が浸透しているためだ。なかには、犬や猫を食べると誤解している人さえいる。もしあなたがひとり親や働く女性、学生なら、現実はさらに厳しくなる。家がなかなか見つからず、へとへとにくたびれてしまうだろう。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ホンダ二輪が模倣品対策 主体は部品、昨年度は5万個押収(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

豊田通商子会社、内製化支援のセンター開設(12/06)

第1段階合意には関税引き下げ必須、商務省(12/06)

アショク、今月に最大12日の生産調整(12/06)

シュコダ、印市場特化の車種を21年に発売(12/06)

二輪ロイヤル、海外の製造販売拠点を拡充(12/06)

ドールがインド進出、フューチャーと提携(12/06)

ガス火発、政府が新たな救済策を策定(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン