• 印刷する

20年の最賃は上昇率5.5%、政令90号公布

ベトナムの国会は15日、2020年の最低賃金を定めた政令90号(90/2019/ND―CP)を公布した。政府諮問機関の国家賃金評議会(NWC)が今年7月に発表した額と同じく、上昇率は5.5%となった。

施行日は20年1月1日。経済が最も発展している第1地域(ハノイやホーチミン市)は月額442万ドン(189米ドル、約2万600円)で、19年から24万ドン増えた。第2地域は392万ドンで、前年から21万ドン増加。第3地域は343万ドンで、18万ドン増えた。第4地域は307万ドンで15万ドン増えている。最低賃金をめぐっては、労働者側代表のベトナム労働総同盟(VGCL)の6.7%案と、雇用者側を代表するベトナム商工会議所(VCCI)の4%案が出ていた。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 電機食品・飲料マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ユニクロがベトナムに1号店 市場の潜在性評価、独自商品も(12/06)

東光電気が現法、電力消費増に伴い商機拡大(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

イオン、ハノイ2号店がグランドオープン(12/06)

フエ―ダナン間、1月から路線バス運行(12/06)

高速道路4路線、運輸省が建設前倒し提案(12/06)

ホーチミン市、ごみ回収業者の支援策を計画(12/06)

大日光エンジと双日、地場EMSと提携(12/06)

日系コンサル、越人向け化粧品を発売へ(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン