• 印刷する

ペトログリーン、パラワンで風力発電事業

フィリピンの財閥ユチェンコ系の資源開発企業ペトロエナジー・リソーシズ(PERC)は19日、パラワン州のサンビンセンテ風力発電所事業の事業者として、エネルギー省から正式に選定されたと発表した。

PERCの再生可能エネルギー部門、ペトログリーン・エナジー(PGEC)が、まず事業化調査を進める。PGEC幹部は「環境にやさしい発電施設に対する州や地元自治体の強い支援もあり、投資を決定した」と説明した。

PGECは現在、バタンガス州のマイバララ地熱発電所(出力3万2,000キロワット=kW)、アクラン州のナバス第1風力発電所(3万6,000kW)、タルラック州のタルラック太陽光発電プロジェクト(7万kW)を手掛けている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに8571人感染(20:22)

テイクオフ:多くの人が身構えたに違…(04/13)

企業活動、職場5割で容認 商業施設も営業、厳格措置の指針(04/13)

新型コロナ、新たに1万1378人感染(04/13)

2.6万人失業、厳格な外出制限下で(04/13)

首都圏の接触者追跡要員、1.4万人に増員(04/13)

企業優遇法、優先産業を近く選定(04/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン