• 印刷する

ペトログリーン、パラワンで風力発電事業

フィリピンの財閥ユチェンコ系の資源開発企業ペトロエナジー・リソーシズ(PERC)は19日、パラワン州のサンビンセンテ風力発電所事業の事業者として、エネルギー省から正式に選定されたと発表した。

PERCの再生可能エネルギー部門、ペトログリーン・エナジー(PGEC)が、まず事業化調査を進める。PGEC幹部は「環境にやさしい発電施設に対する州や地元自治体の強い支援もあり、投資を決定した」と説明した。

PGECは現在、バタンガス州のマイバララ地熱発電所(出力3万2,000キロワット=kW)、アクラン州のナバス第1風力発電所(3万6,000kW)、タルラック州のタルラック太陽光発電プロジェクト(7万kW)を手掛けている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ボトル再生工場、1月着工 コカ・コーラ、東南ア初(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

11月の物価上昇率1.3%、6カ月ぶり加速(12/06)

製造業活性化に300億ペソ必要、貿産省(12/06)

証取の清算子会社、英社の決済システム導入(12/06)

10月の失業率4.5%に低下、統計庁(12/06)

10月の工業生産、11カ月連続で前年割れ(12/06)

ボホール空港の運営保守、投資額は38億ペソ(12/06)

〔ミ島通信〕日本が技術支援、道路整備事業(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン