• 印刷する

フィンテック関連イベント、6万人参加

15日まで5日間にわたり開催されたSFFとSWITCHには世界約140カ国・地域から計6万人以上が参加した=シンガポール東部(NNA撮影)

15日まで5日間にわたり開催されたSFFとSWITCHには世界約140カ国・地域から計6万人以上が参加した=シンガポール東部(NNA撮影)

シンガポール金融管理庁(MAS)は19日、15日まで開催したフィンテック(ITを活用した金融サービス)業界の大型イベント「シンガポール・フィンテック・フェスティバル(SFF)」と「シンガポール・イノベーション(技術革新)・テクノロジー・ウィーク(SWITCH)」に、世界約140カ国・地域から計6万人以上が参加したと発表した。

東部の大型展示場シンガポール・エキスポで行われた展示会には1,000者近くの企業・団体が出展。うち約6割は海外からの参加だった。国・地域別のパビリオンを出展したのは41カ国・地域だった。

5日間の会期中、各種の講演などには569人が登壇した。14~15日に開かれたネットワーキングイベント「イノベーション・ラボ・クロール・アンド・インダストリー」には、2万人が来場。ワークショップなど30余りのイベントが開催された。

SFFはMASが主催。2016年に始まり、今年で4回目だった。シンガポール銀行協会(ABS)やアジアで展示会運営などを手掛ける地場シングエックス(SingEx)ホールディングスなどが協力している。

来年のSFFとSWITCHは、11月9~13日に開催される予定だ。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

次世代産業創出や経済変革狙う 政府、先端製造業の振興注力で(12:35)

配車グラブ、決済カード発行 東南アジア1兆米ドル市場に照準(12/06)

海洋プラごみ削減ファンド、20年に始動(12/06)

香港保険FWD、福利厚生事業から撤退(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

飲料F&N、西部トゥアスに総合拠点開設へ(12/06)

先端技術の法的研究施設、国立大が開所(12/06)

仏ボロレ、物流・技術開発拠点を開設(12/06)

自給率1割未満脱却へ、「地産地消」推進で(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン