• 印刷する

テイクオフ:海外に滞在中、特に途上…

海外に滞在中、特に途上国で釣り銭をごまかされるという話はよく聞く。しかし台湾ではお釣りを多く返す人がいる。理由はおおらかさというか、いい意味の適当さだと思う。

後に行きつけとなったレストランに初めて行った時、会計後のお釣りが少なかったことがあった。退店後に気づき、「騙されたのか」と思ったが、「まあ日本円にして20円くらいだから」と思いその場を去った。別の日に同じ店に行くと、今度はお釣りが多く返ってきた。お釣りが合わなかったのはこの店だけでなく、タクシーやパン店、フライドチキン店でも同様に、釣り銭が多かったり少なかったりした経験がある。

欧米諸国では良いサービスを受けた場合チップを支払う文化がある。台湾人の損得勘定を抜きにした適当さには驚いたが、お釣りが少ない時「これは台湾式のチップだ」と思うと、妙に納得できる。(晶)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国発会、台湾経済は下期に成長力回復(00:24)

新型コロナ感染者、451人に(00:24)

工作機械輸出、6月は34%減 主力が不振、見通しを下方修正(07/10)

TSMC、世界最大規模の電力受給契約(07/10)

パネル大手2社、6月売上高に明暗(07/10)

日月光の6月売上高、5カ月連続プラス(07/10)

PC2社の6月売上高が好調、在宅需要で(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン